「時間の価値感」の変化

こんにちは!

早いもので先月の6月が終わり1年の半分が過ぎました。

そして後半の7月に突入しましたが最近強く感じる事があります。

それは「時間の価値感」の変化です。

新型コロナで日本はもとより世界も大きく様変わりしていて

まさかまさか今年の初めには世の中がこんな事になるなんて

誰も思っていなかったでしょうし言わずもがな自分も同様でした。

弊社事務所の近くにある人気の飲食店が閉店になる店舗もあって 国からの助成金や支援金などが遅いなどのニュースも聞こえます。

リモートワークという言葉も一般的になって特に珍しくもなく

雑誌やネットでも日常的に目にしますし耳にも入ってきます。

〝働き方の在り方〟が変化することで時間の使い方が問われています。

1日24時間は変わらないのにその使い方に大きな変化が訪れています。

決して悪いことばかりではなくて

本当に大切なものは何かに気付いたり

普段のあたり前を見つめ直してみたり

時間は無尽蔵にある訳ではないし

それは増えているのではなくて

むしろ減っているということを

一生というスパンで考えると感じます。

いつまた2次感染によって緊急事態宣言が出るかは分かりません。

もちろん新型コロナ以外にも日本は地震や大雨などもある国です。

おかれている〝今〟という時間にフォーカスして価値を感じたのならば

今まで以上の濃厚な行動に移していけるし優先順位も明確になるはずです。

それがビジネスでもプライベートでも良い影響をもたらすように

社員も会社もこの現状をチャンスと捉えて乗り越えていきます!

最後まで読んでくださってありがとうございます☆

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square